富裕層の財布は「ジップロック」!花輪陽子に学ぶお金との付き合い方

富裕層の財布は「ジップロック」!花輪陽子に学ぶお金との付き合い方

この記事は、

「節約を頑張っているのにお金が貯まらない」
「お財布のなかはレシートやカードでパンパン」
「お金を持っているとつい無駄遣いをしてしまう」

という主婦さんに読んでいただきたい記事です。

今日のニュースコラムは以下の内容です。

お金持ちが「ジップロック」を財布に使う理由

ファイナンシャルプランナー・貯金評論家として、メディア出演や書籍販売等で活躍されている花輪陽子さん。

今回の彼女のコラムでは、シンガポールの富裕層が使用する「お財布」に焦点が当てられています。
タイトルは、「お金持ちが「ジップロック」を財布に使う理由」

要約すると、

・シンガポールの富裕層は財布を持ち歩かない。持っていたとしても使い古されたものや質素なもの、「ジップロック」を財布として使っている人もいる
・富裕層だけでなく、一般人もクレジットカードやスマホ決済で買い物を済ませる人が多い
・財布を持ち歩かない富裕層の多くは「マネーの達人」

というものでした。

参考記事:お金持ちが「ジップロック」を財布に使う理由

お金持ちになりたいなら、お金の使い方を勉強すること

お金持ちの財布と聞いて、「長財布」や「一流ブランドの財布」をイメージする主婦さんは多いでしょう。

しかし、今回の花輪陽子さんのコラムでは、”シンガポールの富裕層は財布代わりにジップロックを使っている”という衝撃的な事実が掲載されています。

日本人が思い描く”お金持ち像”とはかけ離れていますが、私はこのコラムを読んで「なるほど!」と思いました。

花輪さんのコラムを読むと、「世界各国の富裕層がいかに財布に興味がないか」と言うことがわかります。

「自分の財布がブランド物かノーブランドか」なんて、富裕層にとっては大した問題ではないのです。
お金持ちほど自分に必要なものだけを持ち歩き、”無駄遣いをしない習慣”が身についているのですね。

世界中のお金持ちが財布の値段やデザインよりも大切にしているのは「お金の使い方」

世界中のお金持ちが財布の値段やデザインよりも大切にしているのは「お金の使い方」です。

一日に必要な分だけお金を持ち歩き、計画的に使う。
そんな節約の基礎をしっかり行えているから、お金持ちはお金持ちなのです。

「使ったお金は戻ってくる」などと言いますが、これはあくまでも計画的にお金を使った場合にのみ言えること。
無計画に散財していては、戻るものも戻ってきません。

海外セレブやトップモデルが使っているからと言って、

・黄色の財布
・長財布
・一流ブランドの財布

を買い揃えたところで、お金持ちにはなれないのです。

それよりも、お金持ちの自伝を読んだり、経済やお金の仕組みを学んでみたりした方が、お金に愛される体質になれると言えるでしょう。

まとめ

まとめると、

・お金持ちほど”無駄遣いをしない習慣”が身についている
・お金を貯めるために大切なのは、”どんな財布を使うか”ではなく”お金の使い方”を学ぶこと

です。
よかったら以下の記事もどうぞ。