主婦が投資で扶養から外れない術 株式/投資信託/FX/不動産編

この記事は「投資を始めてみたいけど、税金、扶養のことわからないから心配」という主婦の方、お母さんに読んでほしい記事です。

税金、扶養のことなにもわからないと怖いですよね。

・投資を始めたら主人の扶養から外れるのでは?
・扶養から外れない為にはどうしたらいいの?
・税金のことってややこしいし、よくわからない

そこで、この記事では「投資を始めてみたいけど、税金、扶養のことわからないから心配」
という主婦の方に、旦那さんの扶養からぬけない方法をお伝えします。

株式・投資信託で主婦が扶養枠から外れないためには源泉徴収ありの特定口座を使おう

まず「株式投資などで扶養から外れたくない」という主婦の方は「源泉徴収ありの特定口座」を使って取引を行いましょう。

「源泉徴収ありの特定口座」を使って取引をすれば扶養のことを考えずに取引ができるからです。

「源泉徴収ありの特定口座」とは、事前に証券会社が源泉徴収をし、税金を納めてくれるもの。
税金を収めてくれるということは、つまり確定申告をする必要がなくなります(やろうと思えばできるけどしなくてもOKということ)。

しかも確定申告をしない場合、これらの所得は、国民健康保険料などの算定対象となる所得には含まれないというオマケもあるのです。

これはパート・アルバイトをしていても、専業主婦でも、変わりません。

株式・投資信託の投資をしたい、扶養から外れたくない、という主婦の方は「源泉徴収ありの特定口座」を選んでおきましょう。

FXや不動産投資をしたい主婦で扶養から外れたくないなら38万円・130万円に注意

では他の投資であるFXや不動産投資ではどうなるのかというと、
答えは

・38万円
・130万円

の壁に注意しなければなりません。

FXや不動産投資には、先に述べたような源泉徴収や特定口座と言うものはありません。
なので、利益は所得として扱われます。

所得が38万円を超えると、旦那の配偶者控除がなくなります。(旦那の支払う税金が高くなる)

そして、130万円を超えると、ほぼ旦那の社会保険の扶養から外れます。(もしかするともっと低い金額でも外されるかも←これは事業所によって違う)
旦那の社会保険の扶養から外れると、自分で国民健康保険料、年金を払うことになり、出費がドッと増えます。

130万円はあくまで目安だと思っておいて下さい。
ちなみに、パートやアルバイトもしている主婦さんの場合は、合算して130万円です。

よく聞く、103万円の壁というのはパートやアルバイトだけをしている人(給与所得)向けです。
投資をしている場合は事業所得や、譲渡所得不動産所得と税金等の区分が変わるので注意して下さい。

まとめ 旦那の扶養から外れないために

主婦さんが旦那の扶養から外れない投資の仕方は2点です。
まとめると、

・株式投資は源泉徴収ありの特定口座を使って取引を行う
・FX、不動産は38万円、130万円の壁に注意

です。