投資を勉強したい主婦におすすめの本3選 投資初心者さんはまず1冊から

この記事は「投資に興味があり、勉強できる本を探している」という主婦さん、お母さんに読んで欲しい記事です。

投資を始めるにあたって、事前の知識は必ず必要なものです。
ですが、どの本から読み始めればいいのかわからず、手が止まってしまう方も多いと思います。

今回はそんな方にオススメの本を紹介します。

投資初心者の主婦さんはまず1冊読破しよう

難しい専門書を最初から読もうとすると、挫折してしまうことがあります。

まずは簡単に読み進めることのできる入門書から初めてみるのはいかがでしょうか。
今回紹介するのは、投資を始めようと考え始めた方に向けて書かれた本です。

きっと簡単に読み進めることができると思いますよ。
ベースとなる知識を身につけることができたら、自分の投資に必要な知識が見え、次のステ ップに進みやすくなると思います。

1冊読破を最初の目標に、気軽に勉強を始めましょう。

主婦にオススメの投資本3選

主婦、お母さんにオススメの投資本は次の3冊です。

1.はじめての人のための 3000 円投資生活(横山光昭・著)
2.世界一やさしい株の教科書 1 年生(ジョンシュウギョウ・著)
3.池上彰のお金の学校: 知らないと損する(池上彰・著)

この3冊に共通するのは投資初心者に向けて書かれた本であり、用語解説などが充実して いるということです。
ではここから詳しく紹介していきます。

はじめての人のための 3000 円投資生活(横山光昭・著)

この本はタイトルにあるように月 3000 円から投資できる「投資信託」について書かれています。

著者は貯金を続けた上で堅実に少額投資をはじめ、余裕ができてから投資額を上乗せ していくというスタイルを推奨しています。

家計再生コンサルタントとしても活躍する著者の堅実な投資スタイル「横山式カンタン投資法」で、これまでに約 4000 人が成功を収め ていると述べられています。

世界一やさしい株の教科書 1 年生(ジョンシュウギョウ・著)

初心者が陥りやすい多くの疑問は、この本が解決してくれます。

基本的な株式用語の意味から、投資の始め方が文字通りやさしく解説されており、これ一冊で株に関する基礎知識が身につきます。

売買すべき銘柄やタイミングなど、利益を出すための実践的な考え方も紹介しています。

池上彰のお金の学校: 知らないと損する(池上彰・著)

池上彰さんが投資や資産運用についてわかりやすく解説してくれます。

投資のノウハウ本 ではありませんが、投資を行う前提知識として必要な、経済や銀行、税金などお金の仕組みが身につきます。

「いきなり投資専門書は敷居が高いかな・・・」と悩んでいるかたにぴっ たりの一冊です。

投資本は1冊をまず読破しよう

投資の本を読むなら最初の1冊読破を目指しましょう。

そのためには無理せず自分にあった本を見つけることが大切です。

ポイントは

・投資初心者に向けて書かれた本である
・用語解説など初心者の悩みを汲み取った内容である

です。