食費はどう節約する?賢い主婦が実践してる買物術を具体的に紹介!

この記事は「食費を無理なく節約できる方法はないかな?」と考えている主婦さん・お母さんに読んで欲しい記事です。

毎日の食事は、人間の体作りに欠かせないものです。
家族の健康を考えて、より体に良いメニューを作ってあげたいですよね。

「体に良いメニューを作りたい」と思う半面、考えなければいけないのが「食費」です。
毎日の献立の質を保ちつつ、食費を節約するにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は、食費の節約に悩む主婦さん・お母さんに実践して頂きたい買い物術をご紹介します。

食費を節約したいなら、冷蔵庫チェック&買い物メモは必須!

食費を節約するうえで大切なのは、あらかじめ入念に買い物計画を立てておくことです。

無計画のままスーパーへ行って、なんとなく食材をカゴに入れているなんてこと、ありませんか?
それでは永遠に節約できないままなので、しっかり計画を立てるようにしましょう。

まずは1週間分の食費の予算を決め、予算の範囲内で献立を考えます。

献立の数は、次の買い物に行くまでの日数分用意しましょう。
買い物の回数は、無駄遣いのリスクを減らすためにも、できるだけ少ないほうが良いでしょう。


しかし、「一週間分の献立なんて考えられないよ!」という主婦さん・お母さんの場合は週2〜3回程度買い物に行った方が上手に買い物できますし、食材も無駄になりません。
このあたりは、自分に合う回数を探してみてくださいね。

献立を考え終わったら、冷蔵庫の中身を確認し、不足してる材料だけ買い物メモに記しておきます。
そのメモの通りに買い物すれば、一週間の予算をオーバーすることはありません。

食材の買い出しではお買い得品を狙おう!手作りもおすすめ!

買い物メモの準備ができたら、いよいよスーパーに買い出しに行きましょう!
実際の買い物で役立つ節約術をご紹介します。

特売日や閉店間際など、食材が値引きされる時間帯を利用する

週1〜2回のスーパーへの買い物は、特売日閉店間際の値引きの時間帯を利用するのがおすすめです。

普段使っている食材だけでなく、季節によって価格が高揚しがちな野菜も、特売日なら安く購入できます。
コロッケなどのお惣菜も大幅に値引きされているので、買って冷凍しておけば、後日解凍して旦那や子供のお弁当に詰めたり、夕食の一品に加えたりできますよ!

値引きシールが貼られた商品お買い得品コーナーをチェックするのも忘れずに。
家族が毎日食べるお豆腐や納豆、ヨーグルトなどは、多少賞味期限が近くても食べきれてしまうことがほとんどなので、積極的に値引き品を取り入れましょう。

一石二鳥のアイテム・業務用スーパーの冷凍食品を賢く使う

野菜・根菜・海鮮などの冷凍ものは、普通のスーパーだと割高なイメージがありますよね。
しかし、業務用スーパーなら、普通のスーパーよりもずっと安く購入できます。

茹でる・アク抜きするなどの下ごしらえをする必要もないので、料理の手間が省けて一石二鳥ですよ!

コンビニのプライベートブランドを活用する

「節約の敵」というイメージが強いコンビニですが、実は使い方次第で節約に繋がることを知っていますか?

実は、コンビニで販売しているプライベート商品は、スーパーで販売されているものよりも低価格であることがあるんです。

普段からチェックしておくと、お得に買い物できますよ!
ただし、うっかりレジ前の商品を買ってしまうなどの無駄遣いには注意しましょう。

ドレッシング・ソース類は手作りで対応

地味に食費を圧迫するものといえば、ドレッシング・ソース類ではないでしょうか。

ドレッシング・ソース=買うものと思いがちですが、実は手作りすることも可能です。
クックパッドなどにもレシピが多数掲載されていますので、思いきって手作りしてみてはいかがでしょう。

200円〜300円程度の節約に繋がりますし、「使いきれないドレッシングが溜まっていく…」なんて現象も防げます。

予算内で買い物するクセをつけることが、食費節約への第一歩!

主婦が食費を節約するためには、事前にしっかりと計画を立て、無駄遣いをせず、予算内で買い物をするクセをつけることが大切です。
今回ご紹介した方法は、すぐに実践できるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめると

・スーパーへは、1週間分の予算を立てて献立を決め、買い物メモを作ってから行く
・特売日や閉店間際など、商品が値引きされる時間帯を狙う
・業務用スーパーの冷凍食品や、コンビニのプライベートブランドの方が安ければ、そちらを活用する

となります。