デューク大学の研究からわかった主婦のモチベーションを保つ貯金術とは

デューク大学の研究からわかった主婦のモチベーションを保つ貯金術とは

この記事は、

「貯金がなかなか上手くいかない」
「貯金の計画を立てるものの、途中でモチベーションが下がってしまい、続けるのが苦手」

という主婦さんに読んでいただきたいです。
今日のニュースコラムは以下の内容です。

貯金のモチベーションを上げるには「得られる金額だけ」を意識すること

「維持するのが難しい」と嘆く主婦さんが多い、“貯金のモチベーションの上げ方”について紹介されている記事です。

要約すると、

・貯金や借金の返済を考えるとき、人は「定期預金」や「節約アプリ」など、方法そのものに目を向けてしまいがち

・しかし、デューク大学の研究チームによる実験から、「誘惑に負けない方法」を考えるより「貯金して得られる金額」に目を向けたほうが、貯金をする気になれることが判明した。

・貯金をしたいのなら節約アプリに頼るのではなく、目標金額からどれくらい貯金をすればいいか考え、実践していくことが大切

というものでした。

参考記事:貯金のモチベーションを上げるには「得られる金額だけ」を意識すること

https://www.lifehacker.jp/2019/05/189210-think-about-how-much-money-youll-save-to-pay-off-debt.html

貯金したい主婦は今すぐ「目先のお金を追うこと」をやめよう

貯金のモチベーションって、なかなか上がりませんよね。
「毎月◯万円ほど貯金したいな」というざっくりとした理想はあるものの、そのとおりにいかないのが現実です。

筆者は待つのが苦手な性格で、何よりも早く結果や評判を求めてしまう悪い癖を持っているため、モチベーションが上がらないという気持ちはよくわかります。

2~3度、計画通りに貯金ができないと、「もういいや!」とすべてを白紙に戻したくなってしまうんです。そんな筆者だからこそ、今回のニュース記事の「目標金額に目を向けることが大切」という内容には賛成です。

とにかく貯めなければと考えると、上限額がはっきりしていないため貯められなかったときは強いストレスを感じますし、貯めても貯めても満足できません。

しかし、目標金額を設定し、ゴールに向かって貯金していけば、急な出費で貯金できないことがあっても「次の月で取り戻せばいいや」と大らかな気持ちでいられます。

貯金には、多かれ少なかれ不安などのストレスがつきまとうもの。
だからこそ、目先の金額を気にして色んなやり方を試すのではなく、きちんと計画を立てて無理なく続けていくことが大切です。

副業も貯金と同じ!目標金額の設定が“働きすぎ防止”に繋がる

近頃は、「貯金を増やしたい」「遊ぶお金がほしい」という理由で、在宅でできる副業を始める人も増えていますね。
その副業に関しても、貯金と同じことが言えます。

在宅でできる副業には「ライター」「データ入力」「イラスト作成」等がありますが、案件の単価はピンキリです。
とにかくお金がほしいからと、片っ端から手をつけてやみくもに稼ごうすると、自分が潰れてしまいます。

副業のせいで本業に支障が出たりしたら、元も子もありませんよね。

そうならないためにも、以下の点についてしっかり考えましょう。

・副業で年間いくら稼ぎたいのか(目標年収)

・目標年収を達成するためには、毎月いくら稼げば良いのか(目標月収)

・目標月収を稼ぐためには、一週間にいくら稼げば良いのか

計画したスケジュール通りに実践できれば、目標年収を稼ぐことも苦にならないはずです。

まとめ

まとめると、

・貯金のモチベーションを上げるためには、目先のお金に執着するのではなく、目標金額を決めてしっかりと貯金計画をたてること

・長期的な計画を立てる大切さは、副業にも同じことが言える。副業で稼ぎたいならまず目標年収を決め、クリアするためには毎月いくら稼げば良いのかを考えよう

です。

よかったら以下の記事もどうぞ。