おすすめの節約術を紹介!主婦が上手に節約を行うコツとお金への意識

この記事は「今すぐ実践できる節約術って何だろう?」と悩んでいる主婦さん・お母さんに読んで欲しい記事です。

節約って、いざやろうと思ってもなかなか上手くいかないものですよね。
子供の学費や自分たちの老後に向けて貯金をしておきたいのに、思うようにできなくて焦っているという主婦さんも多いのではないでしょうか?

主婦さんにおすすめの「節約術の基礎」をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

節約に無理は禁物。お金を残すよりも「やりくり上手」を意識する

あなたは今、「少しでも多くのお金を貯めたいから」といって、お財布の紐を固く締めすぎていませんか?

「節約できるところはする」という考えはもちろん大切ですが、節約のせいでストレスが溜まり、家族や子供に八つ当たりしてしまったのでは意味がありません。

節約術を実践してみて、「この節約術は我が家に向いていない!」と思ったら、無理して続けずに別の方法を試してみましょう

また、節約というと多くの人が「お金を残すこと」ばかりを意識しますが、お金を残すことは節約を行う上での目的でしかありません。

お金を残すことばかりにこだわるのではなく「お金を残すために上手にやりくりすること」を心がけることが大切です。

おすすめは固定費の見直し!無駄な支払いを減らせば節約に!

では、主婦でもできる節約術について具体的に見ていきましょう。

節約術:固定費の見直し

主婦が「家計の出費を減らしたい」と思ったとき、すぐに実践できるのが「固定費の見直し」です。

・家賃
・携帯代
・ガス代
・水道代
・電気代
・生命保険料

など、暮らしていくうえで当たり前にかかる料金については、「このくらいかかっても仕方ないよね」と認識が甘くなってしまいがちですよね。

しかし、携帯や電気の料金プラン変更をしたり、保険料の確認・見直しをしたりするだけでも、固定費がグッと下がって節約に繋がります。

節約できる部分を節約しないで、いつまでも余分な料金を支払うほどもったいないことはないので、今すぐ見直してみましょう!

節約術:固定費以外にチェックすべきポイント

毎月の固定費以外に、以下の点を振り返ってみるのもおすすめです。

・余分な買い食いをしていないか
・外食をしすぎていないか
・嗜好品にお金をかけすぎていないか
・加入しているのに使っていない月額サービスはないか

大きな節約に繋がるヒントは、意外にも普段の生活の中に隠れています。

節約のための本やグッズを買う前に、「何にどのくらいお金がかかっているのか」「節約できる部分はないのか」を、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

家庭に合った節約術で、ストレスフリーな節約生活を送ろう!

節約を無理なく確実に行うためには、自分たちの家庭に合った節約術を実践することをおすすめします。
気分良く節約生活を送るために、無理だけはしないようにしましょう!

まとめると
・「向いてない」と感じた節約術は続けない
・「お金を残す」という目的よりも、「上手にやりくりすること」に意識を向ける
・固定費や食費の見直しをしてお金を浮かせる

となります。