お金の知識を高める!主婦・お母さんにおすすめのマネー本を3つ紹介

この記事は「お⾦に関する知識を⾼めたい!」と思っている主婦さん、お⺟さんに読んで欲しい記事です。

⽇々家計をやりくりする中で、お⾦の知識がもう少し⾝についたら・・・と思いつつもなかなか機会がなく後回しになってしまっていませんか?

今回はそんな⽅にオススメの本を紹介します。

まずはベースとなる知識を⾝につける本を読もう

「お⾦に関する本は難しそう」という不安もあるかもしれませんが、⼤丈夫です。
同じ悩みを持つ主婦さんも多くいることから、今はお⾦に関する本が数多く出版されています。

でも⼀⽅で、数多くある中どの本を読めばいいのか、迷ってしまいますよね。
そんな時は、浅く広く解説してくれる本を選びましょう。

ベースとなる知識や考え⽅が⾝につければ、興味のある分野や⾃分に必要な分野が⾒えてくると思います。詳しい専⾨書はその後で⼤丈夫です。

主婦にオススメのお⾦に関する本3選

お⾦の知識を⾼めるのにオススメの本は

1.池上彰のお⾦の学校: 知らないと損する(池上彰・著)
2.難しいことはわかりませんが、お⾦の増やし⽅を教えてください!(⼭崎元・著)
3.正しい家計管理(林總・著)

です。

この3冊に共通するのは

・お⾦に関する全般的な知識が⾝につく
・初⼼者にはわかりやすく、知識のある⼈には頭の整理に役⽴つ

ということです。
それでは詳しく解説していきますね。

池上彰のお⾦の学校: 知らないと損する(池上彰・著)

経済や保険、税⾦、投資などお⾦の仕組みに関する全般的な知識が⾝につきます。

テレビ番組での明快な解説で⼈気を集める池上彰さんが、⽇常⽣活を例に、つい「ナルホド」と納得
する解説をしてくれます。

「いきなり専⾨書は敷居が⾼いかな・・・」と悩んでいるかたにぴったりの⼀冊です。

難しいことはわかりませんが、お⾦の増やし⽅を教えてください!(⼭崎元・著)

「お⾦の増やし⽅」にスポットを当て、お⾦に関わる様々な疑問を解説している本です。
素⼈の質問に著者が答える対談形式で進められるので、納得感⾼く学べます。

なぜ投資をするのか、家は購⼊したほうがいいのかなど、気になる疑問を解決してくれます。

正しい家計管理(林總・著)

管理会計のプロである著者が、その「会計術」を家計に応⽤します。

会計を起点に、お⾦に関する様々な知識を学べます。
家計簿をただの⽀出記録から家計管理に昇華させる知識とノウハウを授けてくれます。

⾃動的に収⽀を⿊字にする仕組みを作ることで、将来の不安払拭を⽬指します。

主婦業に活かせる知識も本から得られる

主婦さんこそ、お⾦に関する本を読んで知識を⾼めましょう。
⽇々の家計管理から投資まで、さまざまな場⾯で役⽴てることができます。

まとめると

・最初は全般的な内容の本がオススメ。浅く広く知識をつけよう
・お⾦に関する知識は主婦さんの⽇常⽣活とリンクする

です。