専業主婦の年金が半分に減る!?第3号被保険者が副業を始めるべき理由

専業主婦の年金が半分に減る!?第3号被保険者が副業を始めるべき理由

この記事は、

「専業主婦をしているけれど、仕事をしていないので引け目を感じている」
「コツコツ貯金はしているけれど、このまま専業主婦でいて良いものか悩んでいる」

という主婦さんに読んで頂きたいです。

今回のニュースコラムは以下の内容です。

働く女性の声を受け「無職の専業主婦」の年金半額案も検討される

夫の扶養に入って生活する専業主婦の「国民年金保険料」に関するニュース記事です。

タイトルは「働く女性の声を受け「無職の専業主婦」の年金半額案も検討される」。

要約すると、

・夫の扶養に入っている専業主婦は「第3号被保険者」に分類され、保険料を支払わずに基礎年金を受給できる

・上記について、共働き妻や独身女性から「国民年金保険料を支払っていないのに不公平だ」という不満が寄せられている

・現在、国策として専業主婦から国民年金保険料を徴収するために「第3号を廃止する」「基礎年金の支給を半額にする」「夫の厚生年金保険料に妻の年金保険証を加算する」などの案が挙がっている

というものでした。

参考記事:働く女性の声を受け「無職の専業主婦」の年金半額案も検討される

専業主婦は楽だと思われがちだが、実際は違う

専業主婦の基礎年金半額案や、第3号被保険者の廃止案…。
今回の案については、一部では「改悪」とも言われています。

筆者も夫の扶養に入りながら在宅ライターとして働く身ですので、専業主婦の基礎年金半額や第3号被保険者廃止案には反対です。

専業主婦の一日は、料理・掃除・洗濯・買い出し・育児…と、とにかく多忙。
加えて親の介護をしたり、学校関係の行事や地域の集会などに出向たりしていれば、自分の時間などほとんど残りません。

働いている人からは「時間がある」「楽をしている」と思われがちですが、実は違うんです。
外で働きたくても働けなくて、多忙な日々を送りながら必死に家計をやりくりしている主婦だっているんです。

今回の案が万が一可決されてしまったら、「働きたくても働けない主婦」の生活はとても苦しいものになるのではないかと思います。

在宅ワークの副業なら、外で働けない専業主婦もしっかり稼げる

今回のニュースを見て「働けないのに支払いが増えるなんて困る…」と不安に感じた主婦さんも多いのではないでしょうか。

今でも十分カツカツなのにさらに支払いが増えてしまうのは、本当に苦しいことですよね。
そこで試してみて頂きたいのが、在宅でできる副業です。

家を出るのが難しいのなら、家の中で稼ぎましょう。
パソコンとネット環境さえあれば、ライター・データ入力等の副業や、ブログ運営でお金を稼ぐことが可能です。

自分の身は自分でしか守れません。
国の方針がどうなるかはわかりませんが、スキマ時間に副業をしてコツコツと稼いでおけば、支払いに対する不安は減らすことができるでしょう。

まとめ

まとめると、

・専業主婦の基礎年金に関する国の方針で、今後「働けない妻がいる家庭」の生活はより苦しくなることが予測される

・働かないのは不安だが外で働くのも難しいのなら、スキマ時間を使って在宅ワークの副業をはじめてみよう

です。
よかったら以下の記事もどうぞ。