買物で節約したい主婦必見 無駄なものを買わずに計画的に節約する方法

この記事は「節約しながら買い物したい」と思っている主婦の方に読んでほしい記事です。

節約のためには「買わない」のが一番です。
でも家計を任されている主婦のみなさんはそういうわけにはいきませんよね。

というわけで、節約しながら必要なものを上手に買う方法を見ていきましょう。

節約のコツは”ムダなもの”を買わないようにすること

生きていく上では衣食住に関わる買い物は最低限しなければなりません。

特に食は毎日のことなので、食料品の購入は出費を抑えたいもの。
しかし切り詰めすぎるとストレスになります。このジレンマをどう解消していけばいいでしょうか?

その方法とは「無駄なものを買わないこと」です。

食品を買って使いきれずいたんでしまった、
賞味期限が切れてしまった、
という経験は誰にでもあると思います。

使いきれなかった分をお金に換算すると…、あまり考えたくないかもしれませんが、でもお金を払って買っているものなので、捨てているものにも必ずお金がかかっています。
それが積もり積もると金額も大きくなっていきます。

計画的に買い物をすることが節約につながるということですね。

計画的に食材を買って節約

計画的に買い物をするポイントは次の2つです。

買い物リストを作る

買い物に行く回数を減らすことで、目についた余分なものを買ってしまうきっかけをすくなくすることができます。

買い物に行く回数を減らすためには数日分の献立を考えて買い物リストを作る必要があります。

あまりに何日分も買い込んでしまうと買い過ぎて余らせてしまうことも。
はじめは3日くらい、慣れてきたら5日分くらいの献立を考えて買い物をしてみましょう。

4~5日過ぎた辺りで、残った食材を組み合わせてやりくりするか、足りないものだけを買い足しましょう。そのときにも買い物リストは必ず作り、無駄な買い物を防ぎます。

リストを作る前に冷蔵庫のチェックを

買い物リストを作る前に冷蔵庫の中をチェックしてみましょう。

もしかすると冷蔵庫にあるものまでリストアップしているかもしれません。
すでに買ってあるものから使っていくと食材が余ったりいたんだりしづらくなります。

もし冷蔵庫の在庫で献立が浮かびにくい場合、料理のレシピを公開しているサイトを活用しましょう。
レシピサイトによっては食材を入力するとおすすめのレシピを表示してくれる機能があります。

一から食材を揃えるより、買い足して済んだ方が安上がりです。
捨てる食材をなるべく出さない工夫をして節約につなげましょう。

毎日の生活に必要な買い物

無駄になるものを買わないことが無理のない節約になり、長く続けることにつながります。

まとめると、

・計画的に食材を買い、買い物の回数をできるだけ少なくする
・買い物リストを作る前に冷蔵庫を確認
・無駄を出さない、無駄なものを買わないことを心掛ける

です。