主婦が自宅でできる仕事まとめ いくら稼げるのかも簡単に紹介

この記事は「自宅で仕事をしたい」けど、中々踏み切れない主婦さんに読んで欲しい記事です。

自宅で仕事のイメージは「稼げない」「時間の確保が難しい」などの考えが頭の中を巡って踏切ることが出来ません。

しかし生活サイクルを見直して時間を確保できるところを洗い出せば、自宅で仕事をすることが可能になります。
場所は自宅でも立派に仕事として成立させることが出来るようになります。

主婦が自宅でできる仕事 ライターやブログなど

では主婦が自宅でできる仕事をいくつか紹介します。

WEBライター

WebライターはWebサイトに掲載する記事を書く仕事です。

インターネット検索を掛けるとクラウドソーシングサイトやブログ記事を募集しているサイトがあります。
その中から自分が書けそうな案件を探して仕事を行います。

最初は経験を積むため、単発の仕事を熟してなれたら10本から30本単位のまとまった仕事を受注しましょう。

文字単価が高いほど収入も高く、文字単価が低いほど収入が安いです。
案件を沢山受けるには得意ジャンルを持ち、特化することで仕事が途切れなくなります。

ブログ発信

ブログ発信は料理レシピや日常の出来事を記事にして、仕事に変えていく方法です。

これはブログを読んだ読者やユーザーがその記事を読んで共感を得ることが出来れば、アクセスが集まり人気ブログになると書籍化等のチャンスがあります。

最初は単なるブログ発信でも、影響力を持ち書籍化までこぎ着けると、様々なメディアから取材を受けるなど、仕事の領域が広がっていきます。

アフィリエイト

ブログに特定の広告を貼り商品を紹介する方法のことです。

自分で紹介したい商品のジャンルを選定し広告を掲載してアクセスを稼ぎ、ブログを訪れたユーザーにクリックや購入行動を起こして貰う事で収入を得ることが出来ます。

広告選定のコツは自分の得意なジャンルを選ぶことです。

せどり・転売

せどり・転売は、商品を安く仕入れ高く売ることです。

仕入れと売値の差益で稼ぐのですが、多く稼ぐにはあまり市場に出回っていない商品を仕入れる、発掘するなどの”商売嗅覚”が必要となります。

テープ起こし

テープの音声を聞いて内容を文字に起こす仕事で、会議やシンポジウムが多く文字数が多いことが特徴で入力が速い人などに適しています。

主婦が自宅で仕事をするといくら稼げるのか、ざっと5万円から100万円まで

自宅で仕事をする際にいくら稼げるのか?というところが気になりますよね。

2013年の厚労省のデータでは、
一ヶ月の稼ぎが5万円以下(26.5%)というのが一番多いようです。
また、100万円以上稼いでいる人も(1.1%)いるのでその人のやり方次第と言うことになります。

仕事の探し方は、人脈を使い仕事を獲得し直接取引を行う人が最も多いですが、インターネットを使って仕事を探す方法も主流になりつつあります。

主婦が自宅で仕事をする方法についてまとめると

まとめると

・自宅で仕事を志したら生活サイクルを見直し時間を確保
・収入はやり方次第で増やすことが出来る
・仕事の探し方はネットと人脈を併用する
・自宅で仕事をするにはある程度のセンスが必要

という事になります。
そのため徐々に小さい成功体験を積み重ねて自宅で仕事が出来るように環境作りを行いましょう。