ミレニアル世代も注目 「お金がない」を解消する一番の近道とは

ミレニアル世代も注目 「お金がない」を解消する一番の近道とは

この記事は、

「お金の仕組みについてあまり興味がない」
「言われるがままに支払いをしているけど、なんだか損をしている気がする」

という主婦さんに読んでいただきたいです。

今日のニュースコラムは以下の内容です。

“お金に興味ない”という若者は人生が詰む

「ミレニアル世代のお金のリアル」の著者として知られる経済評論家・横川楓さんと、経済記者・高井浩章さんのインタビュー記事です。

タイトルは「”お金に興味ない”という若者は人生が詰む」

要約すると、

要約すると、

・「貯蓄が大切」「投資が大切」と言われているが、20代の現実は「貯蓄ゼロ」
・今の20代は不景気育ちでお金がなく、日々の生活を送るだけで精一杯のため、貯蓄や投資への前向きな考えを持てない
・しかしそんな20代こそ、「お金がない」という現状を打破するためにしっかりとお金について学ぶことが大切!
・若者はインターネットを使った情報の収集・選択に長けているため、家計簿アプリやネットバンクを使ったり、副業等をしたりして資産を増やすことができる

というものでした。

参考記事:”お金に興味ない”という若者は人生が詰む | プレジデントオンライン
https://president.jp/articles/-/28423

お金の知識は「知らなかった」を防ぐために重要なもの

今回のニュースは、ミレニアル世代である筆者にとって、とても共感できるものでした。

とくに「お金がないと経済や投資について学ぼうと思えないが、知らないと余計に損をする」という点については、大きく頷けます。
お金についてよく知らないと、気付かないところで損をしたり、美味しい話に乗せられて失敗したりしやすくなります。

例えば
「結婚を機に退職して家計が苦しいにもかかわらず、免除制度があるのを知らずに税金を払い続けていた」とか
「店員に勧められるがままにローンを組んだら、実は相場の倍ほど金利が高かった」
とか。

上記の問題は、

・年金を払いたいけど、正直生活が苦しい。なにか利用できる制度はないだろうか?
・店員さんは「どこよりも安い金利です」と言っているけど、本当だろうか?

という疑問を持ち、自分で解決法を調べれば、未然に防ぐことができます。

世の中には、こちらから聞かないと教えて貰えないことや、勉強したり調べたりしないと気づけないことが多いのです。
お金がないと目の前の生活だけで精一杯になってしまいますが、そういうときこそ「お金の仕組み」についてしっかり勉強して、知識を蓄えておきたいですね。

ミレニアル世代にぴったりの副業は「ライター」や「ブロガー」

お金がなくて苦しいなら、副業を考えてみるのもひとつの手です。

副業というと、居酒屋やコンビニでのアルバイトを思い浮かべる人が多いかも知れませんね。

でも、会社で働いたあと再び外で仕事をするのは大変。
うっかり上司や同僚と顔を合わせてしまう可能性だってあります。

その点、ライターやブロガーなら在宅でもお金が稼げます。
ライターやブロガーは、情報を集めて分析し、わかりやすい文章にして読者に伝えるお仕事です。

情報リテラシーに優れたミレニアル世代が力を発揮するには、最適な場所だと言えるでしょう。
やりがいのあるお仕事なので、「会社の仕事ではイマイチ達成感を持てない」という人にもぴったりです。

さっそくライター・ブロガーの副業をはじめて、今の生活をより豊かなものにしてみませんか?

まとめ

まとめると

・お金がない世代ほど、自分の生活を豊かにするために経済やお金の仕組みについて学ぶことが大切
・お金がなくて苦しいなら、副業を考えてみるのもおすすめ
・副業にライターやブロガーを選べば、在宅でやりがいのある仕事ができ、お財布も潤う

です。

よかったら以下の記事もどうぞ。