格安スマホを家計に!残念なお金の話・横山光昭氏に学ぶ通信費の節約術

格安スマホを家計に!残念なお金の話・横山光昭氏に学ぶ通信費の節約術

この記事は

「新しいものが苦手で、使い慣れた製品が手放せない」
「スマホ代を節約したいけど、格安スマホを使う勇気が出ない」

という主婦さんに読んでいただきたいです。

今日のニュースコラムは以下の内容です。

つまらない理由で「格安スマホ」を使わずに損する残念な人たち

「となりの家(うち)のざんねんなお金の話)」の著者であり、家計再生コンサルタントとしても活躍する横山 光昭さんの記事です。

要約すると、

・家計が赤字になって困っているはずなのに、「ケチだと思われたくない」などの理由で格安スマホへの機種変更を渋る人が多い

・しかし、実際に格安スマホを使ってみると、大手キャリアよりも安い料金で快適に使えることがわかる

・この先の30年間、格安スマホを使うことで節約できる金額の合計は828万円。早めに切り替えて、浮いたお金で積立や投資をすれば資産を作れる

というものでした。

参考:つまらない理由で「格安スマホ」を使わずに損する残念な人たち

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64786

家計を黒字に戻したいなら新しいものを取り入れよう

テレビCMや家電量販店で見かけることが多くなった格安スマホ。
実は筆者も、数年前から愛用しています。

通信環境や音質関係などでとくに不便だと感じた点はないですし、それでいてキャリアよりもはるかに安く使えるため、非常に満足していますよ。

そのため、筆者は、横山さんの「新しいことやお得な情報を取り入れ、実行していくことが大切」という意見に賛成です。

常に情報収集をして新しいことを取り入れていくのって、格安スマホに限らず、生きていくうえでとても重要なことですよね。

例えばエアコンだって、10年前の製品を使い続けるよりも最新モデルを設置し直したほうが、古いものより電気代が浮くし、環境にも優しいです。
エアコンの購入代というコストはかかるかもしれませんが、数年使っていくことを考えれば十分取り戻せますよね。

古いものや習慣を大切にするという精神は素敵ですが、新しいものを拒否してばかりいると、結局は自分の首を絞めることに繋がってしまうのです。

格安スマホへ切り替えは副業にも活かせる!

格安スマホへ切り替えることで、家計が楽になるだけでなく、副業に関するメリットも生まれます。

横山さんが言うように、浮いたお金を投資に回せば資産を増やすことができます。
投資が怖いという人は、浮いたお金でブログを作って収益化を目指してみるのもいいでしょう。

ライターの副業に興味がある人なら、格安スマホに関する記事執筆を行うことだってできちゃいます。
格安スマホに関する案件は、クラウドソーシングのなかでも比較的文字単価の高い部類に入りますので、おすすめですよ。

どうせ格安スマホを使うなら、節約だけで満足せず、副業や投資をして将来のための資産を作りましょう!

まとめ

まとめると、

・新しいものを取り入れていくことは、日々を快適に過ごすうえで大切なこと

・古いもの・習慣を変えずにいるのも素敵だが、やりすぎると自分の首を絞めることなる

・格安スマホを利用するなら、浮いたお金で副業や投資を始めて資産運用しよう

です。
よかったら以下の記事もどうぞ。