副業の孤独感を解消するたった1つの方法【在宅ワーカーの主婦必見】

副業の孤独感を解消するたった1つの方法【在宅ワーカーの主婦必見】

この記事は
「在宅で副業を始めてみたけど、孤独すぎて辛い」
「毎日頑張って働いているのに評価されなくて悲しい」
という主婦さんに読んでいただきたいです。

今日のニュースコラムは以下の内容です。

リモートワークで進む孤独大国化。個の時代の新たな病、孤独問題への処方箋

外資系・ベンチャー・独立行政法人を含む約30社もの企業の産業医として活躍されている、大室正志さんのインタビュー記事です。

要約すると、

・フリーランスや在宅(リモート)ワークの人気が高まってきた現代では、孤独を感じる人が多い
・時間や場所、組織に縛られない仕事は副業としては最適に思えるが、その反面でメンタル不調に陥ったり、頭が働かなくなったりなどの問題もある
・孤独感に潰されないためには、「自分の存在を肯定されたいタイプ」なのか「自分のスキルを肯定されたいタイプ」なのかを見極め、適切な人間関係を気づいていくことが大切

というものでした。

参考記事:リモートワークで進む孤独大国化。個の時代の新たな病、孤独問題への処方箋
https://www.businessinsider.jp/post-188821

在宅ワークの孤独感から開放されるカギは性格に合った仕事選び

フリーランスや副業で在宅ワーカーとして働いている人の多くが感じる「孤独」。

主婦業の傍らライターとして働く筆者も、よく寂しさと戦っています。
事情があって選んだWebライターの道ですが…「一人だから必ずしも気楽」というわけではありませんでした。

記事内で大室さんも仰っていますが、組織に所属せず働くと、面倒な人間関係や威圧的な上司から開放されます。
その反面、認められたり心配されたりする機会も少なくなってしまうんですよね。

私もよく
「自分はどの程度のスキルを持っているのか」
「そもそもライターとして必要とされているのか」
ということを考えます。

そのため「存在を肯定されたいタイプなのか、スキルを肯定されたいタイプなのかを考える」という大室さんの意見は、とても参考になりました。

自分のタイプを見極め、自分の性格に合う案件や取引先を選んでいけば、「なかなか評価されなくて悲しい」「自分はいなくてもいい存在なんだ」と感じることも少なくなるのではないでしょうか。

副業で孤独に陥ってしまったら、取引先やSNSの利用を見直すこと

副業の在宅ワークで孤独を感じるようになってしまったら、今一度、抱えている案件や人との交流の手段を見直してみましょう。

取引先を「この人となら良いお付き合いができそうだな」と思えるクライアントさんのみに絞ってもいいし、副業仲間の意識高い系ツイートに悩まされているなら、Twitterから離れてみれば良いのです。

お金を増やしたくて始めた副業で不調に陥らないためにも、マイナス感情の原因になるものからは離れましょう!

まとめ

まとめると、

・在宅での副業は、時間に縛られたり面倒な人間関係に悩まされたりすることから開放される反面、認められる機会も少なく心身の不調に陥りやすい
・副業を始めて孤独感が強くなったら、取引先や副業仲間との付き合いを見直し、身の回りのマイナス要素を少なくしよう

です。
よかったら以下の記事もどうぞ。