西村博之(ひろゆき)のお金の価値観と副業で稼ぐときの理由の大事さ

2019年2月2日

この記事は

「お金に対する違った価値観を知りたい」

「副業でお金を稼ぐときに大事な考え方を知りたい」

「西村博之の話をざっくり聞きたい」

という主婦さんに読んで欲しいです。

今日のニュースコラムは以下の内容です。

まずは目次をどうぞ↓

もはや“達観の達人”。ひろゆきが教える「お金が欲しい」の無限ループから抜け出す方法

2chの創設者・西村博之さんのインタビュー記事です。

タイトルは「ひろゆきが教える「お金が欲しい」の無限ループから抜け出す方法」。

要約すると、

・2ch創設者で色んな企業の社外取締役やアドバイザーを務めており、現在年収3000万円程の西村博之氏

・「お金が欲しいと思う人は”なぜお金が欲しいのか”や”本当にお金が必要なのか”をしっかり考えるべき」と語った

・ ひろゆき氏は「自分が楽しいと思うことをすべき」と話した

というものでした。

参考:もはや“達観の達人”。ひろゆきが教える「お金が欲しい」の無限ループから抜け出す方法  

https://r25.jp/article/636770561265930998

お金が欲しい人はお金が欲しい理由を考えよう

今回のニュースは西村博之さんの達観した考え方を多く見られる記事でした。

特に

「お金が欲しいと思う人は”なぜお金が欲しいのか”や”本当にお金が必要なのか”をしっかり考えるべき」

という点には、筆者は同意です。

「お金が欲しい」と思うだけでは何も長続きしないのではないでしょうか。

理由がある人、目的がある人、目標が明確な人は、きっと継続もできます。

例えば

「とりあえずお金が欲しい」

「副業で月に5万円稼ぐ」

「副業で月に5万円稼いで、家計や生活にゆとりを持つ」

であればどうでしょう?

「お金が欲しい」はざっくりしていて、何をしていいかもわかりかねます。

「副業で5万円稼ぐ」だけでは、自分でビジネスをしなくても、週末アルバイトをすれば稼げます。

しかし、ハードな生活になってしまいますね。

そして「副業で月に5万円稼いで、家計や生活にゆとりを持つ」であれば、

体にムチを打って稼ぐのではなく、少しずつ始めていくイメージを持つことができます。

自分に無理のないことで月に5万円稼げるよう努力していけるのです。

このように「なぜお金が欲しいのか」を含めて、「お金が欲しい」と考えることは重要なのです。

ただし「本当にお金が必要なのか」については、そこまで考える必要はないのかな、とも思います。

お金がたくさんあれば、それだけで選択肢が増えます。

あるに越したことは無いのです。

副業は「なぜ」を考えてお金を稼ぐ。例:”生活や家計にゆとりが欲しい”場合

副業は「なぜ副業をするのか」をしっかり考えてお金を稼ぎましょう。

先に挙げたような「生活にゆとりが欲しいから」という理由であれば、

・ハードな仕事

・場所や時間の拘束が厳しい仕事

などはあまり選びたくないですよね。

当サイトではインターネットとパソコンを使った仕事(ライターやブログ)をおすすめしていますが、ほかにもIT企業ベンチャー企業(若い会社)への転職もアリです。

上記の企業はユルく働けたりすることが多いんです(笑)

また趣味を活かした副業(ハンドメイド作家や講師になる)を選ぶことも、自分の負担にならないのでおすすめです。

まとめ

まとめると、

・「お金が欲しい」の無限ループから抜け出す

・西村博之さん曰く「お金が欲しいと思う人は”なぜお金が欲しいのか”や”本当にお金が必要なのか”をしっかり考えるべき」

・「生活や家計にゆとりが欲しい」なら無理な働き方は禁物!

です。